faxのdmで効果を上げる方法

見込み客に対してfaxでdm(ダイレクトメール)を送る手法はインターネットが発達した現代においても非常に有効な手法です。インターネットならば不特定多数の方にアピールすることは出来ますが、特定の人物をターゲットにしにくいことやしっかりと読んでもらえる可能性が高くないといった弱点があります。郵送のダイレクトメールと比べても費用が安く抑えられるというメリットがあります。ただその内容によって開封率や反応率に大きな影響が出るので、創意工夫は欠かせません。顧客情報と送信するために機器、原稿の3つがあれば簡単に始められる点もメリットです。その用途は集客、新規開拓事業、既存顧客への営業など多岐に渡ります。最近ではテストマーケティングにもよく用いられています。

顧客の目に触れやすい明確なメリット

faxのdmの大きなメリットとして費用が安いことが挙げられます。郵送の場合には間に郵便局が介することとなりますが、ファックスではその必要がありません。送信代行業者に外注したとしても一通あたりのコストは数円であり、他の手段よりも格段に安いと言えます。また、開封された状態で送るという特徴から一切目に触れずに捨てられる恐れが極めて低いと言えます。開封の手間が少ないものとしては他にも電子メールがありますが、メールでは見ずに消されてしまう可能性が高いです。ファックスには中間業者を挟まずに送信を行うので、時間や手間が最低限に抑えられます。早い場合だと翌日に広告を始めることができ、他の広告手段とは明確な違いがあります。結果として効果が高まる可能性を秘めています。

コストがかからないポイントとは

faxのdmでは送付先を特定の業種に絞り込むことが出来ます。狙っていないターゲットに広告が送られることがほとんどないので費用対効果が高いと言えます。加えて少量の配信では送付日時を設定できるので顧客の忙しい時間帯を避けることも可能です。ファックスによる広告は顧客のレスポンスが早いと言われています。そのため、テストマーケティングを行うにも打ってつけです。最近ではワードやエクセル、パワーポイントで広告を製作するのが定番となっており、faxとの相性は抜群です。ワードやエクセルなどは専門の知識が無くても簡単に作ることが出来ます。そのため、広告のために特別な人材を雇う必要がなく、コストを大幅にカットすることが出来ます。もちろん、専用のノウハウを持つ業者に依頼してさらに効果を高めることもできます。