効果的なfaxのdmを作成しよう

集客を行う方法としてfaxのdmは、とても安価に行うことができる販促手段の1つです。特に、リストをレンタルした場合には1通20円程度で送ることができ、短期間で数百社を超えるリストの入手も可能となります。faxのdmは2ステップマーケティングを行うことで効果を発揮する方法です。この手法では、商品を売り込む前にワンクッション置くことになり、通常、送付はA4用紙1枚によって行われるために相手側に警戒を与えないというメリットがあります。つまり、相手側に、例えば、小冊子やサンプルがあることだけを伝えることでリスクがゼロであることを提案できることになり、ここでは、初めて資料やサンプル等の請求をしてくれた人を選ぶことで効率的に商品等のセースルをすることができます。

効果的なfaxのdmを作るにはどのような書き方が効果的なのか

送付においては、まず、チラシ風に作成をしても、ほとんど反応は無いことを理解しておく必要があります。ここでは、手紙風に作成をすることが大きなポイントとなり、つまり、セールスレター形式にすることで相手側に読んでもらえる確立が非常に高くなります。作成で使用する言葉では、無料、限定、の2つの言葉がキーワードとなります。作成においては必ず2つの言葉をちりばめる必要があり、例えば、無料サンプル、無料レポートといった表現は、高い反応を得ることが可能となります。ここでは、無料を付けることで相手側にはリスクが全く生じないことを約束していることになり、仮に、何名限定と付けくわえた場合には、行動への催促を促すことができるようになります。送付においては、時間も大切な要素の1つとなります。いくら効果的な内容の文章を作成したとしても、相手が目にしないことには全く意味はなさないものになります。そのために、どの時間帯であれば相手側が目を通しやすいのか、送付先の事業内容や部署の稼働内容を把握した上で送付をする必要があります。

利用する場合に知っておきたい注意点とは

利用する場合には、まず、リストの収集から始めることになり、通常、法人の場合には電話番号とFAX番号が異なるために、ここでは、独自の方法で収集をするか、代行業者からリストを借りて送付を行うことになります。注意点としては、原則として1枚に収める必要があり、商品など伝える内容によって多くなっても2枚以内に収めることが大切です。送付では、特に、自営業者に関しては十分な注意が必要になります。自営業者の場合にはFAX専用回線を設けていないケースも多く、この場合、家庭用電話と兼用することで使用しています。そのために、送付では相手側は電話に出る必要があり、煩わしさを与えることになります。また、自動受信としていたとしても着信音が同じであるために、受信ではその都度受信ボタンを押すことになります。自営業者への送付は、必ず1枚のみで行う必要があり、クレームなどに繋がらないようにすることが大切です。