効果的なfaxによるdmの作り方とは

fax(ファックス)によるdm(ダイレクトメール)は現在非常に厳しい規制が設けられ、自由に送信することは出来なくなっています。メールによる広告活動が盛んな現代社会においては、数多くのメールに埋もれてビジネス効果が十分に上げられない場合も少なくありません。そんな中で紙の媒体に注目したのがfaxによる広告の送付でした。メールの場合、目を惹くようなファッショナブルなイラストや写真などを使った広告を作ろうとするとhtmlメールとなってしまいます。しかし日本のビジネスシーンではhtmlメールを着信拒否にしている人も多く、テキストメールでは魅力的なダイレクトメールを作りにくいという問題がありました。しかしfaxであればウィルスによるダメージの心配もなく興味を惹く効果的な広告を発信することができるメリットがありました。

規制の対象となったファックスDM

平成28年に実施された特定商取引法の改正でファックスによるダイレクトメールが規制の対象になりました。これまではなんの規制もなく自由に広告を送る事が出来ましたが、今後は相手先が送ってくれと請求するか許可した場合にしか送ってはいけないことになりました。また広告を送ってくれと言われた場合もその請求の事実について記録する義務が発生しました。さらにたとえ請求されて送った場合であっても着信拒否の方法について広告上に明記する必要があります。もしも規制に違反した場合、行政庁から「指示処分」を受けるか、2年以内の「業務停止処分」を科されるため、事実上今後この方法を継続することは非常に厳しくなったと言わざるを得ません。そのような法律の取り締まりの対象となった行為であると言うだけでも、これを継続していくことは企業イメージとして決してプラスにはならないでしょう。

規制の対象になった原因は何か?

ファックスによるdmはウィルス拡散の心配もなく、視覚的興味を惹きやすい広告が作れる点で喧伝効果が期待されていました。しかも発信側にとっては非常にコストパフォーマンスに優れた広告だったのです。しかし送られた側にとっては、そうとは望まないのにファックス資源を強制的に使用され、ファックスを専有されることになってしまいます。特にフルカラーでべた塗りの多いdm広告を使えば、それだけ多くのインクを使用します。こうした問題から、一足先にアメリカでは迷惑ファックス防止法が制定されていました。日本でも近年トラブル件数が増え、問題が大きくなったことで、ついに法律の制定となったのです。今後はこの方法が法律違反になることをしっかりと知っておく必要があります。知らないで継続していると信用の下落だけでは済まないかもしれません。

faxdmは見込み客の開拓に適した広告ツールです。 原稿さえあればすぐに実行できるのがfaxdmの強みです。 他の広告に比べて、faxdmはターゲットからの反響が早いのが特徴です。 長所・短所を知り尽くしたネクスウェイが、貴社をサポートします! 原稿は白黒でいいので、郵送DMと比べても制作はずっと簡単。 faxdmをアンケートとして利用するなど、様々な活用方法をご提案します。 FAXによるDMの効果が知りたい方は!